Blog&column
ブログ・コラム

配食業のデータ管理に適したアプリって?

query_builder 2021/10/17
コラム
5
宅配弁当や牛乳販売など、配食業を運営するにはデータ管理が重要ですよね。
従来は紙の書類や個別のパソコンなどで行われてきたデータ管理ですが、近年は「アプリ」を利用した手法が注目されています。
今回は、配食業のデータ管理に適したアプリについて解説していくことにしましょう。

▼配食業のデータ管理は難しい
配食業は、スタッフ一人ひとりが外の顧客を回るというスタイルで運営する必要があります。
そのため店舗のデータを事務所内で管理する従来の手法では、外回りをしているスタッフへの情報伝達に時間がかかるのが難点でした。
外部のスタッフからの営業報告も電話かメールで行うしかありませんでしたので、情報を集約しデータに反映させるには少なくとも数時間はかかります。
こうした問題を解決するために生まれたのが「クラウド型」のアプリサービスです。

クラウドアプリで解決できる
クラウド型のアプリとは、インターネット上の仮想空間にデータを集約させ、スマホやパソコンからいつでも情報にアクセスできるというサービスです。
外回りのスタッフへの伝達事項をクラウドに書き込めば瞬時に反映されますし、スタッフとのやりとりを他の従業員と共有することも可能です。
顧客からの新規発注など営業に関わる情報も全員が閲覧できますから、これまでよりも格段にスムーズな店舗運営が叶うでしょう。
福井コミュニケーションでも配食業向けのクラウド型システム「SweeTTo」を全国に提供していますので、興味のある方はぜひ一度お試しください。

▼まとめ
クラウドアプリ」と聞くと最初は難しそうに感じるかもしれませんが、近年のクラウドシステムは感覚的に利用できるように工夫されており、機械が苦手な方でも苦労することなく使いこなせます。
まずはお試しで使っていただき、その利便性を確認してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • IT導入補助金の申請期限せまる!

    query_builder 2021/10/14
  • 宅配管理での悩みはどこに相談するべき?

    query_builder 2022/05/01
  • 宅配管理ツールを利用しての人員削減について

    query_builder 2022/04/15
  • 宅配管理ツールにはどのような支援機能があるの?

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE